名古屋市昭和区の税理士法人ユアブレインズ税理士会計士会計事務所をお探しなら

名古屋税理士会所属

お気軽にお問合せください。
税理士法人 ユアブレインズ
(代表税理士 助永 英樹)
TEL:052-851-6151
yourbrains@tkcnf.or.jp

相続税について

TOP  >  相続対策 経営承継相続税について

相続税とは

相続税は、お亡くなりになられた人(被相続人)から相続などによって財産を取得した場合に、その取得した財産に課される税金です。

相続税がかかる人

基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

正味の遺産額が基礎控除額を超える場合は相続税の申告をする必要があります。

相続税の計算

① 正味の遺産から基礎控除額を引きます。(課税遺産総額)
② 課税遺産総額を法定相続通りに分けた場合の、相続税の速算表を使い相続税の総額を計算します。
③ 相続税の総額を実際の相続割合で按分します。
④ 各人の納付税額を算出します。
  配偶者税額軽減などの諸控除や加算等を行い、納付税額を計算します。

相続税の速算表

各法定相続人の取得金額税率控除額
1,000万円以下10%
1,000万円超~3,000万円以下
15%
50万円
3,000万円超~5,000万円以下
20%
200万円
5,000万円超~1億円以下
30%
700万円
1億円超~2億円以下
40%
1,700万円
2億円超~3億円以下
45%
2,700万円
3億円超~6億円以下
50%
4,200万円
6億円超
55%7,200万円

相続税額早見表

 配偶者なし↓ 


(万円)

課税価格
(基礎控除前の金額)

子1人子2人
子3人
5,0001608020
7,000
480320220
10,000
1,220
770630
15,000
2,860
1,8401,440
20,000
4,860
3,3402,460
25,000
6,930
4,9203,960
30,000
9,180
6,9205,460
35,000
11,500
8,920
6,980
40,000
14,000
10,920
8,980
45,000
16,500
12,96010,980
50,000
19,000
15,21012,980
55,000
21,500
17,46014,980
60,000
24,000
19,71016,980
65,000
26,570
22,00018,990
70,000
29,32024,50021,240
80,00034,82029,50025,740
90,000
40,32034,50030,240
100,000
45,82039,50035,000

 配偶者あり↓ 

(万円)

課税価格
(基礎控除前の金額)

子1人子2人
子3人
5,00040
100
7,000
16011380
10,000
385
315263
15,000
920748665
20,000
1,6701,3501,218
25,000
2,4601,9851,800
30,000
3,4602,8602,540
35,000
4,4603,7353,290
40,000
5,4604,6104,155
45,000
6,4805,4395,030
50,000
7,6056,5555,963
55,000
8,7307,6186,900
60,000
9,8558,6807,838
65,000
11,0009,7458,775
70,000
12,25010,8709,885
80,00014,75013,12012,135
90,000
17,25015,43514,385
100,000
19,75017,81016,635

表にない金額は、 相続税・贈与税シュミレーションへどうぞ。

例:課税遺産総額が1億5,200万円(正味の遺産額2億円)、法定相続人が妻と子2人の場合

課税遺産総額が1億5,200万円(正味の遺産額2億円)、法定相続人が妻と子2人の場合

↓ 分割の仕方により、相続税が変わります。↓


I 相続税計算例

正味の遺産額2億円を、妻が1億円、子Aが5,000万円、子Bが5,000万円で相続した場合

正味の遺産額2億円を、妻が5,000万円、子Aが7,500万円、子Bが5,000万円で相続した場合

Ⅱ 相続税計算例

正味の遺産額2億円を、妻が全部相続した場合

正味の遺産額2億円を、妻が全部相続した場合

Ⅲ 相続税計算例

正味の遺産額2億円を、妻が5,000万円、子Aが7,500万円、子Bが7,500万円で相続した場合

正味の遺産額2億円を、妻が1億円、子Aが5,000万円、子Bが5,000万円で相続した場合

配偶者の税額の軽減について

被相続人の配偶者は、遺産分割や遺贈により取得した正味財産が、法定相続分以内であれば相続税がかかりません。法定相続分を超えて相続しても、1億6,000万円までは相続がかかりません。

配偶者の税額軽減額=相続税の税額×次の AB のいずれか少ない金額/課税価格の合計額

A:配偶者の法定相続分
 (法定相続分が1億6,000万円未満なら1億6,000万円)
B:配偶者の課税価格
配偶者が相続する財産)

相続税の主な特例

  • 配偶者の税額軽減
  • 小規模宅地の評価減の特例
  • 未成年者控除
  • 障害者控除
  • 相続税の2割加算
  • 農地等の納税猶予

非課税限度枠の活用

生命保険金の非課税枠  500万円×法定相続人の数

死亡退職金の非課税枠  500万円×法定相続人の数

相続税の調査概況